乳児脂漏性湿疹の対策方法

白っぽいフケ?黄色いぐじゅぐじゅ?赤い湿疹?乳児脂漏性湿疹の症状

「白っぽいフケや湿疹が出てきた!」

 

「耳あたりに黄色いぐじゅぐじゅが出てきた」

 

「頬に赤い湿疹が出てきた」

 

赤ちゃんが生後2か月〜半年くらいのときにこういった症状が出たときはおそらく乳児脂漏性湿疹が疑われます。

 

そもそも乳児脂漏性湿疹って何?

乳児脂漏性湿疹の主な原因は

 

「皮脂腺が必要以上に活発」

 

という風に言われています。

 

乳児はとにかく日々すさまじいスピードで成長します。
なので新陳代謝がとても活発になるのですがそのスピードに毛穴の成長が追いついていないため、皮脂が毛穴に詰まってしまうことがあります。

 

その皮脂に雑菌が混ざってしまい、湿疹を引き起こしてしまいます。

どのくらいで治るの?

赤ちゃんの個人差にもよりますが、だいたいの赤ちゃんは半年後にはきれいに治っています。

そうすれば症状をおさえられる?おすすめのケア方法は?

乳児脂漏性湿疹のメインの原因は毛穴に詰まった皮脂なので、
それをしっかりとお風呂で洗い流してあげる必要があります。

 

しかし、気を付けないといけないのが、
布やスポンジなどでゴシゴシ洗ってはいけないということです!

 

かさぶたのような固まりはお風呂でふやかすことで簡単に落ちるのでつい布やスポンジで洗ってしまいがちですが、
赤ちゃんの皮膚は非常に繊細です。

 

泡立てた石鹸を手でなでるようにしながら洗いましょう。

 

少なくとも、吹き出物を無理にとろうとすることはやめましょう!

 

=>乳児脂漏性湿疹のおすすめスキンケアはこちら

 

=>Topページへ