フローラ(細菌群)を利用して肌をきれいに整える

フローラ(細菌群)を整えるとなぜ肌がきれいになる?

最近テレビでもよく取り上げられている「フローラ」という言葉。

 

腸内フローラなどが代表的な言葉で、テレビでは腸内の細菌群を整えて腸内環境を改善しようということでよく取り上げられています。

 

腸内には乳酸菌に代表される善玉菌や大腸菌に代表される悪玉菌などその種類はとても多いのですが、善玉菌を増やすことによって腸内を整えその結果体調をよくしていこうというものです。

 

この細菌を使った体調の改善は肌にも同じことが言えます。

 

腸内フローラと同じで、人間の肌には1兆個ともいえる細菌が存在します。

 

スタフィロコッカス・エビデルミティス菌やプロビオニバクテリウム・アクネス菌といった善玉菌やマイクロコッカス属といった悪玉菌までその数は無数に存在します。

 

スタフィロコッカス・エビデルミティス菌とは

 

スタフィロコッカス・エビデルミティス菌は表皮ブドウ球菌の一種で別名「美肌菌」とも言われています。

 

皮脂や汗を好み、それらを分解するときに排出する物質が肌を弱酸性に保ちます。

 

プロビオニバクテリウム・アクネス菌

 

ニキビで悪名高い「アクネ菌」の正式名称がプロビオニバクテリウム・アクネス菌です。

 

皮脂を食べすぎてしまうため肌の炎症を起こし、結果ニキビなどを引き起こしてしまうのですが、この菌も肌を弱酸性にする性質を持っています。

 

この菌が無いと肌が乾燥で荒れてしまうため、ある程度のアクネ菌は肌をきれいにするのに必要と言われています。

 

アクネ菌は皮脂が多ければ多いほど増殖するので、ニキビが気になる場合は脂っこいものや甘いものを控えるといいでしょう。

 

マイクロコッカス属とは

 

土壌に多く存在し、食品などを腐敗させやすくします。

 

肌の細菌を整えると何が良いの?

 

 

善玉菌が肌の水分を整え、保湿がばっちりのモチモチ肌へと導きます。

 

また、外部からの悪玉菌の肌への攻撃を防ぐこともできます。

 



 

=>Topページへ